北洋海運株式会社 HOKUYO KAIUN

沿革

沿革

年月 海洋産業株式会社 苫小牧海運株式会社
1969年06月 資本金500万円にて設立。室蘭港及び釜石港における曳船業を営むことを主たる目的として設立。  
1969年07月 営業開始。  
1969年10月 釜石出張所営業開始。  
1970年12月 ジャパンライン(株)・昭和海運(株)・三光汽船(株)と青森・野内港におけるLPG船接離岸作業の契約を締結。  
1971年05月 宮古港における営業開始。  
1971年06月 釜石出張所を支店に昇格。  
1971年09月 新造船「千歳丸」(石川島造船化工機(株)建造)が就航、海洋興業(株)と裸傭船契約。  
1971年10月 新株式1万株を発行し500万円増資、資本金1,000万円となる。  
1971年11月 仙台支店営業開始。 資本金10,000千円にて設立。
出光興産(株)北海道製油所操業に伴い同所に入港する油槽船への曳船荷役、代理店、通関等一元的諸作業並びに苫小牧港に入港する一般船への曳船、通船業務を行うことを目的として設立。
1972年11月   業務開始。
出光北海道シーバース建設の作業員並びに資材の通船業務を翌年8月まで無事故かつ低欠航率で遂行し、工期内竣工の一端に寄与。
1973年02月   旅客不定期航路事業の認可を取得。
海上輸送法に基づく苫小牧港唯一の旅客船運航の認可を得て、曳船により無事故での運航を継続。
1973年05月   通関業の免許を取得。
出光興産(株)北海道製油所の水際作業の一元的業務請負の一貫として取得。
1975年01月 海洋グリーンハイツ(社員社宅)が完成。  
1976年06月 本社事務所、大東ビルへ移転。  
1977年01月   資本金を40,000千円に増資。
30,000千円を増資、又新たに日本郵船(株)の資本参加を受ける。
1977年06月 本社事務所、海洋グリーンハイツ1Fへ移転。  
1977年07月   内航船舶貸渡業の許可を取得。
苫小牧港東港建設工事に伴う浚渫船、ケーソン、作業船の曳船作業を開始。
1978年10月 仙台支店閉鎖。釜石支店を海洋曳船(株)として独立、営業開始。  
1980年03月   内航運送業の認可を取得。
各種曳船作業の拡張に努めると共に、新たに海陸構造物等の特殊補修工事を手掛ける。
1981年12月 日本郵船(株)の資本参加により、資本金を1,000万円より2,000万円に増資。  
1985年02月   商事部を設立。
船用品、海図、土木資材販売等の商事活動を開始。
1987年10月   (株)オ-ロラエンタプライズ設立(100%子会社)
1988年10月   苫小牧港既存曳船3社により苫小牧タグセンターを設立。
曳船の共同配船並びに請求業務を開始。
1989年11月 パイロット乗船作業につき、3社にて曳船の共同配船の開始。  
1990年11月   大型曳船を地元にて建造。
二代目「北洋丸」は大型曳船の地元建造第一船として、菱中造船(株)にて竣工。
1991年04月   第一種利用運送事業の許可を取得。
取扱曳船による国内各種曳船作業を開始。
1996年05月 海洋産業(株)・東日本タグボート(株)・苫小牧海運(株)との共同出資により青森曳船(株)を設立、東日本タグボート(株)より「鎌倉丸2号」を3社で共有船として購入、共有持分を60%として青森曳船(株)へ裸傭船契約。  
1998年03月 「三嶋丸」を東日本タグボート(株)より3社共有船として購入、共有持分60%。「鎌倉丸2号」を売却。  
1999年10月 青森港において共有船「三嶋丸」が強風のため沈没。  
2000年10月 「三嶋丸」の代船として東日本タグボート(株)より「岬丸」を3社で共有船として購入、共有持分を60%として青森曳船(株)へ裸傭船契約。  
2007年08月   建設業許可取得(土木・とび・土工・しゅんせつ)
主に出光興産(株)北海道製油所・北海道石油共同備蓄等の関連施設の点検・補修を受託。
2007年09月   北海道では初となる、4,500馬力級の曳船を函館の造船所にて新造「北斗丸」として就航。
2010年07月 1996年5月、海洋産業(株)・東日本タグボート(株)・苫小牧海運(株)3社にて青森港に設立した青森曳船(株)を解散。  
2012年07月 海洋産業株式会社と吸収合併により社名を北洋海運株式会社に商号を変更し苫小牧に本社室蘭に支店を設置。
また、合併に伴い海洋興業株式会社の100%子会社となり現在に至る。
現在の船隊は苫小牧に4,500PS 1隻、3,400PS 1隻、4,000PS 1隻、1,300PS 1隻、綱取ボート1隻、室蘭地区には3,400PS 1隻、3,400PS 1隻の2隻を配備。
2016年01月 室蘭支店 土地、建物を売却。
2016年10月 室蘭支店(室蘭市海岸町1丁目58番39 入江臨海ビル)へ移転。
2017年06月 「青葉丸」を購入、「摩周丸」を売却。
現在の船隊は苫小牧に4,500PS 1隻、4,400PS 2隻、1,300PS 1隻、
綱取ボート1隻、室蘭には3,600PS 2隻を配備。
2018年01月 苫小牧本社 苫小牧市元中野町4丁目7番1号から苫小牧市元中野町1番7号へ移転。
2018年04月 桟橋交通船「静川丸」購入。
2018年11月 「北海丸」を購入、「とうあ」を売却。
現在の船隊は苫小牧に4,500PS 1隻、4,400PS 2隻、1,300PS 1隻、
綱取ボート 1隻、交通船 1隻、室蘭には3,600PS 1隻、4,400PS 1隻を配備しております。

室蘭港の歴史

室蘭港は北海道内浦湾の東端に位置し、古くから天然の良港として知られ明治5年(1872年)の開港以来、海陸交通の要衝として、鉄鋼業を中心に造船、石炭の積み出しや石油精製など道央地域を支える産業基盤として北海道総合開発に重要な役割を果たしてきました。
港湾取扱貨物量の増大に対応して港湾整備が着実に進められ、昭和40年(1965年)には特定重要港湾に指定されました。
なお、室蘭港は平成23年(2011年)4月の港湾法施行令(政令)改正により特定重要港改め「国際拠点港湾」として位置づけられました。

平成10年(1998年)6月には室蘭港を横断する白鳥大橋が開通し、対岸までの移動時間は約20分と従来の半分となり、港湾物流の効率化に寄与しています。
その後も大型埠頭の港湾機能の崎守地区への展開やフェリー埠頭の整備など諸機能の充実を図っており、平成12年(2000年)には、崎守地区-14m岸壁に釜山港との外貿定期コンテナ航路が開設されました。平成14年(2002年)5月には、循環型社会に対応した取組みが評価され静脈物流拠点港(リサイクルポート)の指定を受けました。
さらに、平成15年(2003年)11月には、浮体式防災施設(広域防災フロート)が完成し平成22年度には広域防災フロートが国有化され、東日本大震災の時は東北の相馬港へ緊急物資輸送に活用されました。

白鳥大橋周辺では祝津地区の緑地整備も相まって観光客が増加しており、入江地区の旅客船バースでは平成13年度に背後緑地も完成し、イベント等が多数開催されています。
平成28年(2016年)6月にはアジア最大級の客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」が寄港するなど、大型クルーズ船の受入れが可能な港として、地域はもとより北海道全体の観光振興にも大きく貢献しています。
平成30年(2018年)6月には岩手県宮古港とのフェリー航路が開設されました。

苫小牧港の歴史

苫小牧港は西港区と東港区からなり、その範囲は苫小牧市と厚真町の行政区域にまたがり、海岸線24km、港湾区域14,340haの広大な水域を有しています。

港湾取扱貨物量は、外易約2,091万トン、内貿約8,773万トン、合計約10,864万トンで、北海道の港湾貨物取扱量の5割近くを占め、北海道経済の発展に大きな役割を果たしています。

西港区は、わが国初の大規模な掘込港湾です。西港区の開発当時は、太平洋に面した平坦な砂浜に建築する人造港であるため、漂砂からいかにして航路機能を保持するかという難問の解決に向けて、アイソトープによる漂砂追跡調査、50分の1の模型による各種実験、ケーソン据付による防波堤の築造など新しい技術を投入して、諸問題を克服し、昭和38年(1963年)に供用開始されました。

臨海部には石油精製工場、自動車工場、電力、木材・木製品製造業のほか、化学工場、非鉄金属業、配合飼料製造業など、多種多様な企業が立地しています。さらに、地理的に北海道の中心都市札幌や新千歳空港に近接していることもあり、流通拠点としての役割も大きく、北海道の海の玄関として、貨物輸送の近代化に伴うRO/RO船、コンテナ船、カーフェリーなどのユニットロード貨物に対応した施設の設備も進められています。わが国の中核国際港湾としても位置付けられ、拠点港湾としての役割を果たしています。

東港区は第3期北海道総合開発計画による北海道における工業生産の拡大と産業構造の高度化を推進するため、苫小牧東部地区の大規模工業基地開発に基づいて、昭和51年(1976年)建設に着手し、昭和55年(1980年)に一部供用を開始しました。平成7年(1995年)苫小牧東部開発新計画で、多様な機能が集積された総合的な港湾空間へと見直しが図られ、これまでの工業専用港から、新たに国際物流港として位置付けられました。

現在では、石炭火力発電所、石油備蓄基地、コールセンターなどのエネルギー関連企業及び自動車工場の立地操業に対応した整備と西港区と一体となった広域的な流通港湾としての機能の拡充・強化が進められています。

TOP