北洋海運株式会社 HOKUYO KAIUN

安全方針・安全重点施策

安全方針

2018年度『安全方針』

  • 1.当社は安全を最優先し、事故の発生を撲滅する事を目指します。
  • 2.当社は関係法令、安全管理規定及び社内規定を遵守します。
  • 3.安全マネジメント体制は、計画、実行、評価、改善のPDCAサイクルを繰返すことにより、良好な体制を維持します。
  • 4.安全に関する連絡体制を確立し、全社員、全乗組員、全作業員に対し必要な情報を伝達、共有する。

海務部安全重点施策

2018年度『安全重点施策』

  • 1.「ヒヤリ・ハット情報の提出件数を各船にて月/1件以上」と目標を設定します。
  • 2.「旅客の乗下船、転落等の人身事故」をゼロにします。
  • 3.「気象悪化に伴う海難事故」をゼロにします。
  • 4.運航管理者は、安全管理規程に定めた基準により運航を中止すべきと判断した場合において、船長から運航を中止する旨の連絡がないとき又は運航を継続する旨の連絡を受けたときは、船長に対して運航中止を指示するとともに、安全統括管理者を経由して経営トップへ連絡すること。
  • 5.点検・整備と共に、入念なチェックを実施し、船体・機関を良好な状態に維持します。
  • 6.マンネリ化の防止【慣れと油断が事故を招く】

海務部月間安全目標

4月
5月
安全保護具の点検と危険予知の徹底
6月
7月
濃霧時期、事故防止対策の徹底
8月
9月
人身災害防止と健康管理の徹底(熱中症、夏バテ、食中毒に注意)
10月
11月
荒天時に於ける気象予測の励行
12月
1月
年末年始特別総点検の実施
2月
3月
感染症予防と凍結対策の徹底

港務部安全重点施策

2018年度『安全重点施策』

作業要領の遵守と安全作業に徹し、無事故・無災害を達成する。

  • 1.作業基準・指針等の内容を把握し、安全作業の実施を徹底する。
  • 2.作業上不審・不安を感じたら、ストップルックし、上長への報・連・相を徹底する。
  • 3.作業要領の変更が生じた場合は、その内容を良く理解し、事故・トラブル防止に努める。
  • 4.上長は、緊急事態発生時、職員に対して的確な指示を伝達し、災害防止を図る。
  • 5.ヒヤリハットの推進及び過去事例を活用し、類似トラブル防止に努める。
  • 6.リスクアセスメント活動を推進し、労働災害の潜在的危険性を低減する。

港務部月間安全目標

4月
5月
作業要領書の使い切りと危険予知の徹底
6月
7月
作業前ミーティングの徹底と安全確認の実施
8月
9月
潜在的危険性の発掘と健康管理の徹底
10月
11月
ヒヤリハット事例の活用と類似トラブルの防止
12月
1月
年末年始特別総点検の実施と凍結対策の徹底
2月
3月
静電気災害の防止と感染症予防の徹底

TOP